親愛なる小林啓様。

さくら学院とBABYMETALの制作スタッフの謎を紐解く

ゆよゆっぺの軌跡(その4)

(その3)からの続き

 

Lunetia(ルネティア)での活動

さて、(その1)で追った、ゆっぺ氏初期のバンド、Not Have Form(N.H.F)の活動に続く、その後のバンド活動を追っていきたいと思います。

まだN.H.Fの活動を継続していた時期である2010年春頃に、ニコ動を主な活動場所としていたneko氏とルシュカ氏が中心となって結成された、Lunetia(ルネティア)というバンドのファーストアルバムに、ゆっぺ氏はギタリストとして参加します。(2010年5月にアルバム発表)

インターネットで独自の活動を続けているルシュカ、neko、ニケ、ゆよゆっぺ、色白、アンパンマンによるバンド、Lunetiaの記念すべき1stアルバム。
ピアノをふんだんに取り入れた極上のメロディーと、押し寄せるようなヘヴィネスを融合させたエモコア/スクリーモ・サウンド。ルシュカ嬢の力強く繊細な歌声が印象的。また、そこに被せるように入ってくる咆哮が楽曲を盛り立てる。また、ネット界の超絶技巧派ギタリストとして有名なニケ氏の卓越したギターワークも聴き所。
メンバーそれぞれの活躍やネット上の口コミで話題を呼び、既に1500枚以上を売り上げている注目の逸材。 

2011年7月には2ndアルバムを発表し、ゆっぺ氏はこれにも参加します

このバンドの活動の詳細の記録はあまり残っていないのですが、一部現在も確認できるアルバムのクレジット情報から判断すると、バンドに対するゆっぺ氏の貢献はギタリストとして以外にも、作編曲(共作)、ミキシング&マスタリングにまで及んでいたと思われます。2ndアルバムでは1曲単独での作曲も行っていることが確認できます。(これはneko氏ブログより)

  • 1stアルバムから(恐らくデスボ/スクリームはゆっぺ氏)
  • 2ndアルバムから(ゆっぺ氏単独での作編曲)

Lunetiaはライブが行われた形跡はありませんし、ライブ活動を行うことを前提に活動していなかったように見うけられます。

また、YouTubeにUPされた凝った作りのMVや、公式Twitterアカウントが英語での発信をしているところを見ると、海外への展開を見据えたプランであったのかな?とも思いますが、これ以外の目立ったネットでの活動も見られないため、楽曲制作〜コミケ等でのCD販売を行うことが主たる活動となったようです。

そしてこのneko(中西航介)氏が立ち上げたインディーズ・レーベルがTears of Todayです。
Tears of Today

 

My Eggplant Died Yesterday (MEDY)での活動

2011年からは、Tears of Todayレーベルが主催するライブツアーが行われ、2011年11月からの地方都市(小倉、大阪、名古屋)を含むツアーには、ゆっぺ氏が新たに結成したバンド『My Eggplant Died Yesterday』(以降MEDY)が参加していました。

2011年11月『Tears of Today TOUR 2011 vol.2』を開催、動員東京250名(下北沢ERA)、愛知250名(名古屋HOLIDAY)、大阪300名(大阪RUIDO)をソールド。福岡200名(小倉FUSE)

2012年8月『Tears of Today TOUR 2012』開催。東京500名(新宿LOFT)、大阪300名(大阪RUIDO)即ソールドアウト

2012年11月『TOT@O-EAST』を渋谷O-EASTで開催。動員950名
http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/-/Profile/A024031.html

MEDYは恐らくこのツアーのスタートに合わせて結成したと思われ、「激ロック」のサイトでは2011年10月結成と記されています。

2011年10月結成。メジャー・デビューも果たしたボカロPゆよゆっぺを中心に結成されたエレクトロニカダブステップ等を取り込んだメタルコアスクリーモ・バンド打ち込み要素とバンド・サウンドが絶妙にブレンドされ、強烈なブレイク・ダウンと美メロを組み込んだ圧倒的サウンド。

f:id:Padi-METAL:20171227223640j:plain

『BRAT PACK 2013』特集!! | 激ロック ラウドロック・ポータル

ゆっぺ氏が地元の仲間と結成していたN.H.Fは、2011年初頭に地元の水戸にてライブを行った記録があることと、このMEDY結成の時期から、2011年夏頃に解散していたものと思われます。

2012年にも行われた『Tears of Today TOUR 2012』の11月の最終公演(渋谷 O-EAST)のレポートが残っていました。

イベント開始から3時間半、ここ来て会場熱量のさらなる記録更新を見せたMy Eggplant Died Yesterday、通称MEDYの登場だ。彼らの楽曲もスクリーモが軸となったメタルコア/ポストハードコア系だが、演奏時の激しい印象からは一転、MCでは「僕もバンドマン。憧れのバンドが出たO-EASTのステージに今立っちゃってるんです!!!」と、愛嬌たっぷりな少年の顔を見せたボーカル「ゆよゆっぺ」。そんな屈託のないキャラも人気の要因だろう。

楽曲もひたすらゴリゴリ押しというだけではなく、曲のベースとなる歌メロのキャッチーさと叫びパートとの掛け合いが絶妙である。こちらもボカロ・プロデューサーとして有名な「ゆよゆっぺ」のコンポーザーとしての手腕が冴える。熱いMCとエモーショナルな楽曲の応酬はますます会場の温度を上げていき、踊る観客で床が心配なぐらいフロアをグラグラと揺らす。

Tears of Today Tour 2012 | H.I.P. HAYASHI INTERNATIONAL PROMOTION

MEDYはこのTears of Today主催イベント以外にも、東名阪を中心に各所のライブハウスにて行われた多数の対バンイベントに参加し、ライブ中心の活動を行っていました。時期としては2011年11月から2014年春頃までの期間であったようです。

ライブ映像がいくつか残っていました。(バンドメンバー/主催者がYouTubeにUPしたものです。)

  • 2012年1月29日 LIVE at 下北沢GARDEN

  • 2012年12月22日 LIVE at 渋谷club asia

  • 2013年7月13日 LIVE at 札幌 KRAPS HALL(2:56〜)

 

 

MEDYのスタジオ録音作品

MEDYの公式Twitterアカウントが2012年5月に開設されているのですが、開設直後からライブ会場での販売を告知されていたのが「デモCD」です。(実際は手焼きのCD-R)このCDの詳細の制作経緯・時期は不明ですが、おそらくバンド始動の2011年10月以降に制作されたものと思われます。

そのクオリティからレコード会社契約を目指して制作されたのでは?と考えてしまう様な、そんな高いクオリティであります。(このままのクオリティで、ミニアルバムサイズ以上の作品となっていれば、名作となっていたのに・・・とも。)

  • Intro

  •  What Is Liberty To You

  • Unlock

このデモCD音源、現在はiTunes/Amazonダウンロードサイトでの購入、Spotify/Apple Music他ストリーミングサイトで聴くことができます。

 

ライブ活動中心で、楽曲制作〜レコーディング活動には積極的ではなかったと思われるMEDYですが、上記デモCD以外では、唯一コンピレーションアルバムへの楽曲提供を2013年に行っています。アルバムの企画制作は、エモ、スクリーモやポスト・ハードコアなどロック系のインディーズ・レーベルTRIPLE VISION Entertainment。『BRAT PACK 2013』というコンピレーションアルバムに1曲を提供しています。

  • Today is due date for payment

また、前項でも触れましたゆっぺ氏のメジャーデビューアルバム「Story of Hope」にボーナス・トラックとして収められた唯一の非ボカロ曲も、MEDY名義の曲でした。

  • Hope - My Eggplant Died Yesterday Ver.

 

 

MEDYの解散とその後

2011年10月の結成からおよそ2年9ヶ月後の2014年7月1日に、ゆっぺ氏のTwitter公式アカウントにて、このようなメッセージが発信されました。

MEDY解散の要因は、2012年以降ゆっぺ氏のサウンドクリエーター及びDJとしての活動が多忙を極め、バンド活動に十分な時間が避けなくなったということが最も大きな要因とも考えられるのですが、直後に別バンドを立ち上げていたりもしますので、正確なところは不明です。このあたり、その後のバンド活動を掘り下げていく中で探っていきたいと思います。

 

さて、ここまででようやくBABYMETALへの楽曲提供を行うまでの「前日譚」は出揃いました。いよいよ次回から、BABYMETALへの楽曲提供を始める「サウンドクリエーター」としてのゆっぺ氏の軌跡を追っていきたいと思います。

ただし前日譚としては「DJとしての活動」が抜けてはいるのですが、BABYMETALへの楽曲制作に携わり始めたと思われる時点(2012年3月頃)で言うと、DJパフォーマンスの魅力に目覚め、Skrillex辺りを聴き漁っていたエピソード(憶測ですが)が未記載といったところでしょうか。これについては改めて別項で記載したと思います。

 

 

このエントリでは諸々の事柄が錯綜しますので(サマリ)をご参照下さい。 

(この項続く)